たっぷりグルコサミンが配合されているサントリーのサプリがおすすめ

目に栄養を与える

男性

運動や入浴でリフレッシュ

パソコンやテレビの画面を長時間見続けていると、光と色の刺激によって目の奥の視神経に負担がかかります。視神経は首から伸びているため働きが鈍ると首の血管も圧迫され眼精疲労や首の痛み肩の凝りなどの不快症状が現れます。さらに悪化するとイライラ、吐き気、めまい、頭痛などの症状が生じます。眼精疲労は早いうちに解消しておくことが大切です。パソコンなど目を使う作業を1時間行ったら必ず15分休みましょう。窓の外の景色などをぼんやりと眺め、緑のものを見ると目が非常にリラックスして、毛様体筋を休めることになります。ウォーキングなどの軽い運動や入浴、蒸しタオルで目を温めることも、おすすめです。いずれも血液の循環を良くして疲労物質を取り去り、目に栄養を与えることになります。

ビタミンで目の疲労回復

眼精疲労を防ぎ、目の健康を維持するのに欠かせない栄養素の中でも優れているのが、目のビタミンとも言われるビタミンAです。目の細胞の代謝を良くしたり、老化を防ぐ働きや、角膜の細胞を作り変えるのを助ける働きをします。さらにドライアイの予防に効果があります。ビタミンAが不足がちになると、暗い所で見えづらくなる夜盲症を引き起こす恐れがあるので気をつけましょう。ビタミンB群は、糖質や脂質の代謝を良くして疲労回復を促す栄養素として毎日欠かさず摂りたい栄養素です。もちろん眼精疲労にも効果があります。その外にもビタミンC、D、Eも目に重要な栄養素です。普段の食生活で上手にビタミンを摂って、目も体も健康になりましょう。